冬場の給湯管凍結にご注意ください

冬場の給湯管凍結にご注意!

冬場のブレーカーOFFは、給湯器故障の原因となる恐れがあります。

給湯器には外気温が下がってくると自動的に保温する凍結防止用ヒーターが組み込まれています。開栓後にヒーターが―作動しないと給湯器が破損する恐れがあるため、水道・ガスの開栓後は室内の電源ブレーカーを切らないようにしてください。

長期間部屋を開ける際もブレーカーは切らないでください

帰省や旅行など、長期間部屋を空ける際も、電源室内ブレーカーは『入』のままにしてください。

入居中の凍結による設備破損は、入居者様のご負担になります。
特に給湯器破損・水道管破裂などの修理は高額になりますのでご注意ください。

(外部リンクページへ遷移します。)